トップページに戻る

カイロプラクティックの歴史
1895年にアメリカ人D.D.Palmerが背骨への刺激によって、患者の難聴を改善したことが始まりです。
そのような偶然はカイロプラクティックでなくとも、多々あったことでしょう。しかし、カイロプラクティックはその偶然を端緒として、人間の肉体と精神とを切り離して考えることの限界を知り、経験を体系付けながら、学問へと昇華させました。その間、西洋医学の科学性を無視することなく、文明の進歩とともにカイロプラクティックも進化し続けています。そのことが100年以上経っても、世界中で代替補完医療としての確固たる信頼と実績を保持している理由です。
カイロプラクティック治療
カイロプラクティックと聞くと、『ポキポキ骨を鳴らして背骨のゆがみをとる』というイメージがあるのではないでしょうか。確かに背骨に刺激を加える際にポキッと音が出る場合があります。しかし、背骨を真っ直ぐにするために刺激を加えているのではありません。カイロプラクティックは、心身の不調が神経のバランスを崩し、それが左右の筋肉の不調和となって背骨に現れていると考えます。背骨に刺激を加えるのは、背骨の受容器を介して末梢にも中枢にも信号を送るためです。
小難しい言葉が出てきましたが、カイロプラクティック治療の一側面を端的に述べてみました。現在、カイロプラクティック治療を受けている方は、担当の先生に聞いてみてください。国際基準のカイロプラクティック教育を受けた先生なら、お答えいただける筈です。
日本のカイロプラクティックの現状
日本にはカイロプラクティックに関する法律はありません。それが人体に関する知識もあやふやな人達が、カイロプラクティックと称して巷に氾濫している原因の1つでしょう。代替補完医療従事者は、患者さんの健康に責任を持つべきであるのですが、現状は『資格もなしに手軽に商売ができる』という低レベルの職業意識しか持っていないようです。私自身そのような人達と同列に語られてしまうことへの不満や憤りはありますが、患者さんは真偽を見抜く力をお持ちだと信じています。