オレンジカイロプラクティックでは
物品販売は行いません 物品販売しない理由
症状によっては当院での治療をお断りする場合があります カイロ治療をしない理由
過剰な美容の追求は行いません 美容の追求をしない理由
追加料金・別途検査料はいただきません。 追加料金が無い理由
患者さんの楽しみを禁止する指導は行いません 楽しみを禁止しない理由

物品販売をしない理由
このページのトップに戻ります
カイロプラクティック治療を補助し、効果を持続させるために各種サプリメントや器具の販売をされる治療院は多くあります。しかし中には金銭が目的だと疑わざるを得ないような強引なやり方をしているところがあるようです。
オレンジカイロプラクティックでは、患者さんに経済的・精神的な負担となる可能性を鑑み、物品の販売を行わないことをオープン当時より厳守しております。患者さんの症状緩和のために必要と判断した場合は、方法の1つとしてお話させていただきますが、どのような場合でも患者さん自身で購入先を探し購入していただきます。斡旋等も行わないことで、オレンジカイロプラクティックは治療を目的とした施設であることを認識し、安心して来院していただきたいと考えております。

カイロプラクティック治療をお断りする理由
このページのトップに戻ります
カイロプラクティック治療は万能ではありません。医師の診断・治療を受けた方が治癒の可能性が高い疾病は多くあります。さらにはカイロプラクティック治療によって細胞活性が上がり、病状が悪化する危険性をもった病気もあります。患者さんの健康状態を正確に見極め、どのような治療が最も必要かを判断することもカイロプラクターの重要な仕事の1つです。
海外においてカイロプラクティックは代替補完医療として認知されていますが、残念ながら日本国内ではその認識は低いのが現状です。その理由の1つが「来るものを拒まず」的な姿勢にあると私は考えています。カイロプラクティック治療に適合しない症状に関しては、知識に裏付けられた勇気を持って、治療をお断りすることが患者さんの利益となると考えます。

過剰な美容の追求を行わない理由
このページのトップに戻ります
女性の美を追い求める気持ちは理解できますが、過剰なダイエットや安全性が証明されていない薬品の使用により健康を害する方がいらっしゃいます。「健康のためなら死んでも構わない」というジョークがありますが、「外見のためなら中身が壊れても構わない」という冗談にもならない考えには賛成できません。カイロプラクティック治療は健康を確保・維持することが目的です。患者さんの本来の代謝能力を引き出したり、正しい姿勢維持を指導することで、美容面での効果が出ることは多々ありますが、それは患者さん自身が持っていたものが引き出された結果であって、各人のポテンシャルを超えた「小顔」「小尻」「O脚矯正」「バストアップ」を目的とした治療は行いません。

追加料金・別途検査料などをいただかない理由
このページのトップに戻ります
安い料金設定をしておいて、来院された患者さんから「追加だ」「別途だ」と経済的負担を増やしていくことは、患者さんとの信頼関係を築くことと相反することだと考えます。別の検査をしなければ正しい鑑別ができないのであれば、最初から含んだ設定をするべきです。治療方法に関しては、もっと悪質な行為だと思います。患者さんは症状の緩和を切に願って来られているのですから、「この治療法でないと、良くならない・・・」といった言い回しは、患者さんの足元を見た唾棄すべき発言です。オレンジカイロプラクティックでは、初診料1500円+施術料3500円以外の料金は一切請求いたしません。その患者さんに最も必要だと考える方法を選択しますので、施術箇所が多くても、物理療法機器を複数使用しても、テーピングを施しても同じ料金です。
「前回は機械を使ったのに、今回は機械を使わなかった。損した!」というご不満をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、オレンジカイロプラクティックでは何が最善か≠ェ治療方法の選択基準ですので、ご了承ください。

患者さんの楽しみを禁止しない理由
このページのトップに戻ります
患者さんが生きがいとされ、毎日の楽しみとされている事柄を、症状の元凶として禁止するような指導は、場合によっては主訴の緩和に結びつくことはありますが、オレンジカイロプラクティックでは我慢していただくことのマイナス面を重視します。「○○をしていると駄目です」ではなく、「○○をする際に××も同時に行いましょう」と楽しみながらも、問題となる行為を帳消しにするような指導内容を考えます。
常に楽しみを継続できることを前提にして、指導内容を考えていますが、「数日間は○○を半分にしてください」など控えめにするようにお話する場合はあります。そのようなお話をする際は、禁止が効果的だという短絡的な考えではなく、楽しみを今後も楽しんでいただくためには、それしかないという断腸の思いで下した結論であることをご承知置きください。

トップページに戻る